静寂の中で~Sanctuary Open 2018~

Sanctuary Open 2018 にキッズ9人が参加して『ホースマンシップ』そして『ランチライディング』という競技に出場しました。

ウェスタン馬術の競技はあっという間に終わることが多く、なので選手も馬もその短時間にすべてをかけるのですから、本番のアリーナはド緊張の静寂に包まれています。

まだまだ小さい子どもたちがそんな雰囲気のアリーナで馬にまたがり集中しながら操り、動かし、走る様はそれだけで感涙ものです。

「がんばれ!みんな!」そんな心の声を押し殺してジッと見守る保護者とスタッフでした。

みごと4人のキッズが入賞を果たし、Sherryeさんと写真を撮っていただきました。

あの雰囲気の中で馬と共にアリーナを走り、練習の成果をきちんと発揮できたのです。

心底、関心してしまいます。すごいよ、本当に!

入賞できなくて悔しくてグッと涙をこらえているキッズがいましたが、みんな、この日に向けて一生懸命に練習してきたのですから、シムはそんなクローバーキッズを誇りに思うのでした。

「来年、またここに来よう。そして人馬ともに成長した姿をまた見てもらおう」

大会関係者の皆様、各乗馬クラブのトレーナーの皆様、多くのアドバイスをいただき、励まし、応援していただきありがとうございました。

来年もまた、よろしくお願いします!

怒涛の4競技会参加月間10月が終わります。

お疲れさまでした!