行くぜポンさん、クラリスと!

2018東京馬術大会にポンさんが愛馬クラリスとともに出場しました。

2020東京パラリンピックの選考も兼ねた国際パラ馬術ドレッサージュ(CPEDI)★★★というハイレベルな公式競技会でもありました。

点数こそこれまでにない厳しいものでしたが、ポンさん自身もチームポンのメンバーも晴れやかな気持ちで終われました。

それはポンさんとクラリスが「良いコンビ」の関係を築けたことを確信できる競技会だったからです。

20m×40mの馬場ラチ内を走るクラリスとポンさん。

その二人の動きに同調と相互信頼を大いに感じ、見て取ることができました。

2020東京パラリンピックまで時間はありませんがポンさんとクラリスの挑戦は最後の最後まで続きます。

皆さん、そんな二人の応援をよろしくお願いします!

そして、もう一つの報告。

今回、ポンさんはリファインエクインアカデミーのシグロにもまたがり競技を戦ったのです。

そんな名馬で競技を戦ったポンさんも得るものは多々ありましたが、我々チームメンバーも大木道子先生の指導を受け大いに学ぶことができました。本当にありがとうございました。