どんな生き物も、子どもはかわいいものなのですね

練習中のオハナがフッと、何かの存在に気づいた様子で歩様をばらつかせた。
茂みの向こうにいたのは野生のバンビ。
春に生まれたのでしょう。
クローバー牧場の周りは自然の樹木がいっぱいでそこで生活する動物たちがこうしてひょっこり顔を出すことがしばしば。
「かわいいね、飼っちゃおうか」
そんなキッズのひそひそ声を聞いて、かわいいバンビは親の元に一目散に走っていきました。

志村  裕行さんの投稿 2018年5月27日(日)