子どものために

教師をしていたころ馬に乗るようになり、その修練をくり返していく中でふと気づき始めたこと。
「あれ?馬って子どもと同じだな……」
さらに考えるようになったこと。
「ひょっとして子どもの教育にも役立つのではないかな……」

そんな思いから馬を活用して子どもの教育活動をしている『馬の学校』のボランティアとして勉強させていただくようになりました。
そのときの活動イメージは今のクローバー牧場に大きく反映されています。

牧場を始めて6年目。
馬の学校主宰者である峯崎先生がお子さんを連れて牧場に来てくださいました。
峯崎先生のお子さんを志村が作った牧場で体験させてあげられるなんて、うれしくも不思議な気分でしたが優七ちゃんは1日だけでなく2日もお仕事体験をして最後には「帰りたくない」なんて涙ぐんでくれたものだから、クローバー牧場、ひとまずは合格かな!(^_^)

峯崎先生、ありがとうございました!
馬の学校、クローバー牧場、ともに子どものためにがんばっていきましょう!!
クローバー牧場は大人や障害者の乗馬ももちろん応援しますが、子どもの教育についてはどこまでも真剣に考える馬牧場でありたいと思います。
今後もよろしくお願いします!!
20170405_122402